3E2A4CDC-576C-40D8-B860-2BD403CCCF72.jpg kougamax.jpg max.jpg F14E73E3-F839-4E52-855C-5A5965E74649.jpg
sannjigennba-ko-do.png
Google
写真、記事の盗用禁止です!!

2018年05月12日

膝痛対策について、再アップ!!

膝痛対策について、過去に作成したのを再アップしておきます。

光我は、半月板損傷して、さらに膝が立っているときは30度も曲げられない状態になったことがあります。
正座は、1年ぐらい出来ない状態でした。

半月板損傷と診断された時は、違和感や痛み程度なのでしたが、
その後にその状態で無理な動きが加わり膝回りの組織が固まった為です。

この症状自体は、これ以上壊れないようにするための自己防衛の為でしょう。

しかし、動かなくても、かなりの激痛です。
動くときは、さらにです。

さてさて、話が長くなってしまうので、下記のを参考にしていただければと思います。笑

整骨院で、マッサージを1週間に1回くらい行きつつ、
自分なりに調べたり何冊も本を買って読んだり、WS行ったりして試したのを
おじいちゃんおばあちゃんにおこなってもらえるように書いたものです。

本を買って読むと、前段階が長すぎてたぶん、一般の方には無理だろう...
そして、行う事については、本当にこんなので理解できるのか?
っと思ったりしたのを自分なりにまとめてみました。

字が汚いとか言うものは、
たぶん本当に困ってる人ではないだろうからスルー!!

半月板損傷でも日常に支障のない方もいます。
しかし、治るケガでは無く、いきなり...

例えば、階段で膝ひねってしまい強い負担がかかると、
さらなる悪化や私のように動かなくなるようにもなります。

筋肉をただデカくする事や大きく使う方が、
運動としてやった感はありますが、そこまではしなくても大丈夫です。

それより大事なのは、普段使う筋力のアップがまず満たされないといけません。

普段使うための筋力アップと言うのは、私の考えでは関節の安定性を上げるという事です。

意外とこの事については、負荷は小さくて良くのですが継続が重要なのでか、教えてもやられない方は多いです。

日常の動きは、姿勢を安定させるような長時間働ける筋力なので、
筋トレと言うほどの事をしてるレベルでなくて良いのです。


光我は、膝が痛い時がある時は、
膝を90度以上曲げての強い負荷は行わないで、
落ち着くまで軽めの整理運動をします。

もちろんヨガもおこないます。



CCI20140929.jpg


CCI20140929_0001.jpg

CCI20140929_0002.jpg

CCI20140929_0003.jpg

CCI20140929_0004.jpg

CCI20140929_0005.jpg
posted by こうが at 02:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

QRコード