3E2A4CDC-576C-40D8-B860-2BD403CCCF72.jpg kougamax.jpg max.jpg F14E73E3-F839-4E52-855C-5A5965E74649.jpg
sannjigennba-ko-do.png
Google
写真、記事の盗用禁止です!!

2017年08月30日

夏の思い出。B☆BOY PARK 

ありがとうございました!!B☆BOY PARK!!

IMG_1485.png

IMG_1310[1].JPG

B☆BOY PARK 20周年、今年で終わるという事で、何が何でもと言う気持ちで向かった。
仕事が金土日と入っていたが、1時間だけいられた。

bboy parkに、行ったおかげで今につながっているという気持ちもある。

もともと...今も人見知りなので、あまり自分からは他人に声をかけない。

しかし、ダンスは違う。

相手が、凄かったり面白かったりしたときは、向かっていく。

そして、仲良くなったb‐boyの一人と、東京に来てすぐチーム「濃厚」(後に「濃光」)としてショーに誘われて出演した。

それまでは、1人でダンスを始めて、当時住んでいた茨城県土浦市の方でショー出ていた。

東京に来てからの出会いはハンパなかった。

相方のおかげが多い。光我は、滅多にしゃべりかけないが、相方は違う。笑

やがて、別々になったが今でも感謝はしている。

そして、その1年か2年後にはB‐BOY PARKのクルーバトルに、
助っ人として急きょ呼ばれてエントリーもした。
それが、前日の夜から朝までクラブでバトルしてた当時最強のクルーTRIBAL CREW USAだったのだが、
初戦で当たった。
彼らが、優勝したのだが、悔しいとかよりも幸福だった。^^

REMINDは、夜から朝までバトル相手してくれたのに、クラブでのショーもバトルもやばかった。
BBOY PARK クルーバトルで光我が向かって行ったのは、CRAMBSだ。
彼の逆立ち系は、当時ハンパなく、挑んでみたかった。
光我は、今は封印している技をやった。

ちなみに、俺は何気に、年上だ...
ヨガでもそうなのだが、結構みんな俺より年下だ...

俺の始まりが遅かったぶん、今後巻き返す!!
(^^)/

B☆BOY PARK 行ってきた。 20周年...今回で、終わりなのか... 終わるとなると感慨深くなるな... 俺のダンスの進行は、B-BOY PARKで早まったし... 1人でダンス始めて、1人で観に行って、1人でフリーバトルサークルに飛び込んで仲良くなった奴が最初のチームデビュー。 初っ端にバトルサークル覗くと、ケン・スウィフトが宙に浮いてた。笑 数年後にクルーの助っ人に呼ばれて行くと、当時世界トップランクのトライバルクルー。 当時は、対戦形式だったが、今日のは時間制限バトルだった。 あの時の映像観たいのだが... なかなか手に入らない。 光我に多大なる恩恵を与えてくれたB-BOY PARKよ、ありがとうございました。 (^o^) #bboy #bboying #bboypark #graffitiart #hiphop

Kouga Kingさん(@kingkouga)がシェアした投稿 -












posted by こうが at 18:24| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

ダンスは、カラダを扱ってるよね...

ダンスは、自分のカラダを扱っているのに、なぜかその意識は薄いのではっと感じる。

最近、光我自身に対して感じた。

もっと、楽しそうな動きをする超人達への階段を登ろうと、改めて思いました。( ´∀` )




Handstand Crab walk & push-up variation (Bodyweight training) 今年の夏は、休みが中途半端で、海外行き悩んでる間にチケット売り切れ... それなら、アリアナ・グランデのでも行こうかとしたけど、チケット買えず... とあるアメリカの囚人だった方が書いた本を買って読みながら、燃えてきた。笑 そうなんだよ!身を守る為にはね!って... 腕立て伏せは、小学生低学年から自発的にしてた。 養護施設内で、歳上にいじめられるもんだから、隠れていつかやってやるっと...(*´∀`*) 強くなろうとする事が、モチベーションだった。 今は、楽しみ楽しませる事をモチベーションにしようと思っている。 #bodyweight #workout #pushups #handstand #yogateacher #ヨガインストラクター #ハンドスタンド #腕立て伏せ #逆立ち

Kouga Kingさん(@kingkouga)がシェアした投稿 -




Yoga Handstand Balance Practice. ヨガ太陽礼拝から、ハンドスタンドすると画面割れしやすいから、ど〜にかならんものか...(*´∀`*) ハンドスタンドでのコントロールを高める為には、自転車のように補助輪を外して乗れるレベルにすればいい。 そこから、スタート。 それまでは、準備段階。 基礎体力と出来るだけバランス取りやすい柔軟性ある可動域、そしてコントロール能力を養う。 まだまだ、課題もあるし、上には上がいるから、楽しいよ。 自分のカラダを扱いながら、学ぶ。 #yoga #ヨガ #handstand #bodyweight #ryt500 #ヨガレッスン #ヨガインストラクター #dance

Kouga Kingさん(@kingkouga)がシェアした投稿 -






posted by こうが at 02:16| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

20代の時よりも安全に深く!!

ダンスの技、アローバックチャレンジ!

こちら26歳の時にテレビ出演した時の映像。



この頃は、キープは今ほど出来なかった。

今は?笑

Yoga backbend handstand. And...Lol ハンドスタンドでのバックベンドは、20代の時に出来てたけど、写真に撮れるレベル。 しかも、下半身に力が入らなくなったり...なので、封印してた。 最初のヨガスクールの時に、医師による解剖学知識は、学んだけど... 先生に聴いても解決は、しなかった。 RYT500認定取得時に様々なアーサナとともに学んで応用してから解決(^_^)v (今では、42歳だが写真にしなくても動画で止まっていられるようになった。) バックベンド力を高めるなら腕は曲げない方が刺激強くなる。 腕曲げると、脚はさらに下に垂れていくけど、それはカラダの機能アップよりは魅せ方の問題。 カラダの機能を知ると、観方も変わる。 #backbend #ryt500 #ヨガレッスン #ヨガ #ヨガインストラクター #handstand #yoga #yogateacher #arrow #bodyweight #自重トレーニング #dance #ダンス

Kouga Kingさん(@kingkouga)がシェアした投稿 -







あの頃は、今よりも若く練習をいっぱいしてた。
サプリメントもいろいろ試してた。
しかし、カラダについては本やテレビ、ネットで得られるレベルだった。

ヨガを始めてからも解決はしなかったが、その後に身に付くようになった。
ヨガを始めてからさまざまなポーズを教える為に解剖学的知識を学ぶようになる。
学ぶだけでは、不十分で自分に身につけてないとそれは、知った気になっているだけに過ぎない。
それでも、役に立つときはある。
しかし、自分のカラダを通して学ぶとより知ることは多い。

東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF








posted by こうが at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

ダンサーのやりがちな事。

世代によるかもしれないが、ストリート系のダンサーはカラダ作りをしない事が多い。

ただひたすら踊りまくって、踊りを磨いていく...
(たぶん本人、磨くとも思ってなくて、ただ楽しいから踊っているほうが多いと思う。)

やがて、ショーなどの機会が入ったり、コンテストに出たり、ただ踊っているから練習に変わっていく。

練習は、カラダを酷使する。

なのに、やっている事は、今までより酷使する部分が増えただけで他が変わっていない事が多い。

カラダが壊れないようにするためには、積極的に知識とそれに耐えるカラダを作らなければいけない。

そして、練習後のケアをする事。

ストリート系ダンスの激しい動きは、レベルが高くなればなるほど、日常生活では鍛えられない部分が多い。

一流アスリートは、寝る時間が8時間を超える事が多い。
それは、回復する時間も必要だという事だと思う。
お金をたくさん稼いでる方は専属のトレーナーやマッサージ師を付けたりしている。

ダンサーの多くは、寝る時間も少なく、トレーナーどころか簡単なコンディショニングもしていない。

カラダを壊してから、初めてどうするのかを考えるようになる。

寝る事は重要だ。
コンディショニングが自分で出来るようになれば、お金は安く済ませられるようになる。

コンディショニングは、カラダが壊れないように積極的にケアをする。
(カラダを鍛えたり疲れをためないようにしたりする。)
っと、ケガからの回復をしようとする。
っがある。

光我の場合は、両方をしている。

しかし、それはダンスの時間ではない。
ダンスの時間は、あくまでも踊っている時間。

意識的に、別に設けてあげる事が重要だと思う。
ストレッチとか見ると、出来ると思ってやっているのか、ちょっとな...っと思う時がある。

ストレッチは、何かで見てやってるのか...つもりになっている場合が多いっと、たまに見かけて思う。
光我のヨガには来ないから、教えようがないが...

ダンス習いに行っても、周りの準備運動なのかストレッチやってるの見かけて、思うことは良くある。

ケアは、大事。
積極的に休むだけでなく、攻めのカラダの耐久性を上げる事も目指すと良いと思う。
練習が多く出来るカラダは、強いよ!笑

子ども達に教えてる方は、この部分はもっと研究しないといけないと思う。
すっごいデリケートなので...

ダンスが上手くなるのは、後でもいいと思う。
ただダンスを楽しむレベルで、カラダ酷使させないように...

っと思ってても仕事となると親に理解をしてもらうのが難しいのかもね。
コンテストや発表会...

しなきゃしないで...っね...

間違えても、怒る必要なし!!笑













posted by こうが at 16:35| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QRコード