3E2A4CDC-576C-40D8-B860-2BD403CCCF72.jpg kougamax.jpg max.jpg F14E73E3-F839-4E52-855C-5A5965E74649.jpg
sannjigennba-ko-do.png
Google
写真、記事の盗用禁止です!!

2017年04月30日

カラダの通りが良いとは?


カラダが思う様に動かなくなって来たと感じて、行動される方は素晴らしい。

しかし、極端な方が多い。

可動域を増やそうとするのみか、筋肉量を増やそうとするのみで、反対に位置するのはやって無いに等しい方はよく見かける。

ダンスは、日常の動きよりも多彩な動きとコントロールが求められる。

主要な関節の動きやすさを、良くするには関節に栄養が行く様にするといい。

簡単なイメージで、関節の安定性を述べてみると、骨と骨、それを包む関節包、靭帯で基本的に安定し、筋肉でさらに安定する。

関節の可動域を決めるのは、大きく分けて考えると筋肉、靭帯、骨の形。

筋肉の問題なら、解決は早い。

筋肉の働きを少なくすればいい...

一般的なストレッチ(静的ストレッチ)。

しかし、これをやっても関節を動かす機能は高まらない。

筋肉の働きをオフにするわけだから...

しかし、これはこれでいい面はある。
筋肉の働きをオフにして、ストレッチして行くと靭帯や筋膜の方に刺激がいき栄養が通う。

筋膜は、つながりがネットワーク状で、筋肉の様に単純ではない。

靭帯も扱いを間違えれば、関節の安定性を損なう。

適切にすれば、関節の詰まりという様なものから、解放される。

筋肉の反応を利用した行い方は、適切にすれば、筋肉の反応を落とす事なく筋肉による可動域の制限から解放される。

関節は、その周りの組織に栄養を通わせるようにしなければ、硬くなる。

関節包の中は、基本的に血管が通ってなく、動きによる圧力で栄養が行き渡ったりある程度の不純物を排除する。

筋肉をつける時は、カラダを整える方向にもって行くのが、健康にもパフォーマンスアップにもいい。

ヨガには、本来その両方が入り、その方々に合わせて調整しやすいようになってるのかもしれない。

ヨガの教典には、細かくは記してなく、指導者に師事を仰がねばならないような仕組みになってるようにも感じる。

一般に目にしやすいヨガ本も、結局は同じく、指導者に習わないと深くまでは知れない。

ただのポーズで終わってしまう。

それをそのまま、他のスポーツに応用するくらいなら、スポーツトレーナーなどに指導される方がいい。

ヨガがそれらと同じものと違うから、価値があるのだが、それは上手く伝わっていない。

光我の場合は、力の流れの理解を増やし、コントロールする。

力の流れを良くする。

ココロのコントロール法を学び、コントロールする能力を高める。

これが、光我が行ってるヨガ。

ダンスには、とても重要だ。

多くの方々は、関節に詰まりがある事に気づいてない。

そして、今のカラダの扱いレベルが基準となっている。

ベッドから、起き上がれない体力レベルが、基準となってしまわない様に!

自分のカラダを思ったように動かすのは、普通のレベルとしよう。

出来てないのに気づいてないなら、まずそこに気づくのが、ネクストステージだね。^_^
Instagram投稿の投稿者: Kouga Kingさん 日時: 2017 4月 28 5:28午後 UTC





肌にやさしい!パイナップル豆乳ローション
posted by こうが at 05:30| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QRコード